茨城県つくば市のシティプロモーションサイト


【2014/10/28情報追加】「JAXA宇宙センター」に行こう! 日本の宇宙開発の歩みや取り組みを、精密な模型や試験用実機などを間近に見ながら学べる施設

000100_01.jpg

見学の目安
30分から
90

日本の宇宙開発の歩みや取り組みを、精密な模型や試験用に使っていた実機などを間近に見ながら学べるのが筑波宇宙センターフク!!
ここでの研究成果が、天気予報やカーナビゲーション・防災対策など、ぼくたちの身近な生活に密接に関わっているフク☆
宇宙や地球のデータを集めるという重要なお仕事をしているところにも注目してほしいフク~!

開館時間 10:00~17:00
休館日 月曜日(祝日、夏休み等の月曜日は開館)、施設点検日、
年末年始(12/29~1/3)
※その他、臨時で休館となる事もございますのでご了承ください
入館料 無料
事前予約 不要(10名以上の団体や貸切バスの場合は事前連絡)
※見学ツアーは事前予約制です
見学ガイド なし(常駐スタッフがいます)
見学所要時間 30分~90分
住所 〒305-8505 茨城県つくば市千現2-1-1 MAP
電話番号 029-868-2023
公式HP http://fanfun.jaxa.jp/visit/tsukuba/

アクセス

000100_02.jpg
つくばセンターバスターミナル4番のりばから
「荒川沖駅行」に乗って10分『物質材料研究機構』で下車、或いは「学園南循環」に乗って『筑波宇宙センター』で下車♪
土日祝日であれば、8番のりばから出る"サイエンスツアーバス"が利用できます!

busmap04.png
4番のりばはこちらです!(Googleマップで見る

000100_03.jpg
こちらが『物質材料研究機構』のバス停☆
道路を渡った反対側に筑波宇宙センターがあります!

000100_04.jpg
土日祝のみ運行の"サイエンスツアーバス"の停留場はこちら♪
広報・情報棟の目の前に停まります。

000100_05.jpg
正門から入って行くと、左手に駐車場の看板が見えてきます!
車の場合は、最寄りの「桜土浦IC」から約7分で到着です。

000100_06.jpg
こちらが常設展示館の☆スペースドーム☆
駐車場の目の前ですよ!

見どころBEST3

其の1 全長なんと50m!!H-Ⅱロケットの実機がお出迎え

正門を入って行くと、まず目に飛び込んでくるのが「H-IIロケット」の実機。
広場に悠々と横たわるその姿は、圧巻のひとこと!
人気ナンバーワンの撮影スポットというのも納得です。
近寄ってみると、実際に現場で使用されていたとわかる手作業のあとなどを目にすることができます。
ちなみにこのロケット、筑波宇宙センター総合開発推進棟(背後にある建物)の高さと同じなのです!
立ち上がるとどのくらい大きいか、想像してみると楽しいですね♪

000100_07.jpg

其の2 100万分の1スケールの美しい地球~ドリームポート~

展示室『スペースドーム』に一歩足を踏み入れると、眼前に現れる巨大地球儀「ドリームポート」の美しさに目を奪われます。
近づいて見ると、同じ縮尺の高さに模型が散りばめられていることに気づきます。
「国際宇宙ステーション(ISS)」の軌道が地表から意外に近いことや、「気象観測用衛星ひまわり」がどれほど離れているかなどを実感することができます!
他の衛星と違い、どうして"ひまわり"が高い位置に展示されているか...ぜひ実際に足を運んで確かめてみては!?

000100_08.jpg

其の3 貴重な実機が数多く展示されたスペースドーム

「いぶき」「だいち」「かぐや」など、展示館内にズラリと並んでいる衛星たちは、なんと模型ではなく地上試験で実際に使用していたもの。
その大きさや素材感・精密性を、すぐ側で見たり、感じることができます。
写真は、「国際宇宙ステーション」に食糧や衣類などの物資を運ぶ「こうのとり」。ある一定の距離まで宇宙ステーションに近づくと、あとは自分で計測して近づき、作業することができる"知能を持った補給機"。
これぞまさに日本の優れた『ドッキング技術』の集大成!
秒速7.8kmの速さで飛んでいる2機を繋ぐロボットアームにも注目です☆

000100_09.jpg

フォトギャラリー

000100_10.jpg
入ってすぐ左側にあるフク♪わからないことはここで聞けるフクッ!
(スペースドーム インフォメーション)

000100_11.jpg
船長対決フク~!!どっちがカッコいいフク?
(スペースドーム オススメ撮影スポット)

000100_12.jpg
「気象衛星ひまわり」さんにはとってもお世話になってるフク~
(スペースドーム 人工衛星による宇宙利用エリア)

000100_13.jpg
おともだちたくさんで楽しそうフク♡これほしいフク!
(スペースドーム 有人・宇宙環境利用エリア)

000100_14.jpg
こうしている今も、地球の周りを回っている「国際宇宙ステーション(ISS)」フク☆
(スペースドーム 有人・宇宙環境利用エリア)

000100_15.jpg
海外でも宇宙でも、やっぱり和食が恋しくなるフクね~
(スペースドーム 有人・宇宙環境利用エリア)

000100_16.jpg
「きぼう 日本実験棟」はなんとグッドデザイン賞を受賞しているフクよ~
(スペースドーム 有人・宇宙環境利用エリア)

000100_17.jpg
宇宙空間ゆえ、こんな体勢で失礼!フクッ♪
(スペースドーム 「きぼう」日本実験棟)

000100_18.jpg
「はやぶさ2」フク☆小惑星の物質を地球に持ち帰るのがお仕事フクね
(スペースドーム 宇宙科学研究・月惑星探査エリア)

000100_19.jpg
20分の1サイズの模型の中に、1基だけ実物大があるフクッ!ど~れだ?
(スペースドーム ロケット・輸送システムエリア)

000100_20.jpg
奥のスクリーンは「マモルホシ」フク!お仕事も忘れて見入っちゃったフク~
(スペースドーム ドリームビジョン)

000100_21.jpg
オリジナル商品がいっぱいフクッ♪このTシャツ、ぼくのサイズあるフク??
(プラネットキューブ ミュージアムショップ)

イベント情報

  • 筑波宇宙センター特別企画

    「2014年10月25日には"『宙セッション』~答えはきっと宇宙にある~"が開催されるフク!!
    豪華なパネリストを迎えて、地球の今と未来をみんなで考えるトークイベントフク♪ワークショップやパネル展も開催されるから、ぜひここからチェックしてほしいフク~

  • 筑波宇宙センター プラネットキューブ企画展

    「宇宙の日」を記念して、毎年行われている作文絵画コンテストフク☆
    毎回、全国のたくさんの小・中学生が応募してくれた中から優秀作品を選ぶフク~。
    みんなの夢や希望が詰まった受賞作を、じっくりと鑑賞できる企画展フクね!

  • 【2014/10/28情報追加】
      筑波宇宙センター 特別企画 宙(そら)トーク

    2013年冬の初開催も好評だった、第一線で活躍するJAXA職員が語る「実体験」や「リアルな宇宙開発物語」がいろいろ聞けちゃう、とっても貴重なイベントフク♡
    "大人対象"というところが、とっても気になるフクね~♪詳細はここをチェックフクッ!

訪問後記

筑波宇宙センターの魅力は、実際のロケットや研究の成果を間近に見られるだけじゃないフクよ!
展示館では1日に5回、ここで昔お仕事をしていた説明員さんがガイドをしてくれるって知ってたフク?パンフレットにもガイドブックにも載っていないこと、いろいろ聞けちゃうフクッ☆(予約不要)
今回紹介した常設展示館の次は、事前予約が必要な見学ツアーにも参加してみたいフク~。

つくプロ!