茨城県つくば市のシティプロモーションサイト


「筑波実験植物園」に行こう! 日本の代表的な植物をはじめ、世界の様々な環境に生育する植物について学べる施設

000113_01.jpg

見学の目安
60分から
120

筑波実験植物園で見ることができる植物は、なんと約3,000種類にものぼるフクッ!!
日本の代表的な植物だけでなく、世界の様々な環境に生育する植物に会えるところもポイント高いフク♪
夏は木陰で涼しく、冬は温室であたたか!一年を通して、快適な環境で植物たちと触れ合えるフク♡

開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
※催事によって延長いたします
休館日 毎週月曜日(祝日・休日の場合は開園)
祝日・休日の翌日(土曜・日曜の場合は開園)
年末年始(12/28~1/4)
※上記の休園日でも臨時に開園することがあります
入館料 一般 310円(65歳以上の方及び18歳未満の方は無料)
団体 210円(20名以上)
リピーターズパス 1,030円
事前予約 不要(20名以上の場合は必要)
見学ガイド あり(5名以上から)
※要事前予約、詳細はこちら
見学所要時間 約60分~120分
住所 〒305-0005 茨城県つくば市天久保4-1-1 MAP
電話番号 (代表)029-851-5159
公式HP http://www.tbg.kahaku.go.jp/index.php

アクセス

000113_02.jpg
つくばセンターバスターミナル5番のりばから
「テクノパーク大穂」行に乗って約10分『筑波実験植物園前』で下車♪
土日祝日であれば、8番のりばから出る"サイエンスツアーバス"が利用できます!

busmap05.png
5番のりばはこちらです!(Googleマップで見る

000113_03.jpg
こちらが『筑波実験植物園前』のバス停☆
少し戻って、道路を渡った反対側が入り口になっています。ここから歩いて3分ほどで到着!

000113_04.jpg
「筑波大学循環左回りコース」に乗って『天久保2丁目』のバス停を利用してもOK。
植物園まで歩いて10分ほどかかりますが、20分おきに出ていますよ♪

000113_05.jpg
土日祝のみ運行の"サイエンスツアーバス"の停留場はこちら♪
券売機のある「教育棟」の目の前に停まります!

000113_06.jpg
車の場合は、最寄りの「桜土浦IC」から約20分で到着です。
正門を入ってすぐ右側にある無料駐車場は、120台収容できて広々♪

見どころBEST3

其の1 壮大なスケールで魅せる!!『世界の生態区』エリア

植物園の"顔"とも言える、巨大な温室を複数擁するこちらのエリア。
サボテンや多肉植物のように、乾燥に耐えられる植物が見られるのは「サバンナ温室」。
そして、植物に必要な光・水・温度に恵まれた環境に生息する植物が生い茂る「熱帯雨林温室」は、まさにジャングル!
イベントや企画ごとに内容が変わる「多目的温室」もあるほか、屋外ではヒノキやスギ・クヌギやヤマザクラなど、主に日本の暖温帯~冷温帯の植物を見ることができます。

000113_07.jpg

其の2 私たちの生活に密接に関わる『生命を支える多様性区』エリア

写真の「熱帯資源植物温室」では、バナナやレモン・パイナップルなど、熱帯の食用植物や香料・観賞用の植物を見ることができます。
屋外の「温帯資源植物」エリアでは、衣類や食品の原料になるもの、家の垣根に用いるもの、眺めて目を楽しませてくれるものなど、私たちの暮らしになくてはならない植物が数多く生息しています。
季節の旬の野菜も、ここでは鑑賞用として元気に実や花を付けています。
また「筑波山の植物」エリアもあり、つくばならではの"ホシザキユキノシタ"(つくば市の花)や"ツクバキンモンソウ""ツクバトリカブト"なども植栽されています。

000113_08.jpg

其の3 植物園の中核を担う"絶滅危惧種の研究と保全活動"

『筑波"実験"植物園』という名前からもわかるとおり、この園の果たす役割は植物の展示のみにとどまりません。
植物多様性保全拠点園として、「絶滅危惧植物」の保全に関する様々な研究にも取り組んでいます。こうした"実験"植物園だからこそ、希少な絶滅危惧植物に出会うことができます。生きた絶滅危惧植物に触れて、生物多様性の重要性を考えてみませんか?

000113_09.jpg

フォトギャラリー

000113_10.jpg
正門からまっすぐ進むと、この券売機があるフク♪
(教育棟)

000113_11.jpg
これ一番人気みたいフク!"恐竜のり弁"つくってもらうフク♡  
(教育棟)

000113_12.jpg
ニュートンさんていう人に聞かないと食べちゃいけないフク??
(中央広場)

000113_13.jpg
「けっこうな健康野菜」って...ダジャレフクね~フククッ☆
(温帯資源植物 東エリア)

000113_14.jpg
あずまやを発見したフク!あそこでひと休みフク♪
(水生植物エリア)

000113_15.jpg
フランクフルトみっけ♡フクッ!!※ヒメガマという抽水植物です
(水生植物エリア)

000113_16.jpg
おっきなレモンがた~くさんぶら下がってたフク♪
(熱帯資源植物温室)

000113_17.jpg
「五感で楽しめる植物のコーナー」もおもしろかったフク!!
(サバンナ温室と熱帯資源植物温室の間)

000113_18.jpg
模型飛行機に使われる、世界一軽い木を持ってみたフク~
(サバンナ温室)

000113_19.jpg
あっ!テレビで見たフク☆くさくて大きいお花フクね
(熱帯雨林温室)

000113_20.jpg
ゲームをしながらなら、お勉強もたのしいフク~♪
(研修展示館)

000113_21.jpg
知ってたフク?動物の骨格標本も見られちゃうフク☆
(自然史標本棟 見学スペース)

イベント情報

  • 各種企画展

    春の「さくらそう展」や秋の「きのこ展」など、季節折々の植物を展示・紹介した企画展は、毎年必ず訪れるという人も多い人気のイベントフク☆「つくば蘭展」では、世界有数の野生蘭の保全施設である筑波実験植物園ならではの希少種も見られるフクよ!

  • 植物園・研究最前線ー植物のここが面白いー

    年間で約7回開催されているのがこちらの講座フク♪
    博士の皆さんが、普段植物園でどんな研究をしているか知りたくないフク?各分野の最新の研究成果など、生のお話が聞ける、楽しくお勉強ができるイベントフクッ!

  • 植物園がもっと楽しくなる日

    植物を使った工作などが楽しめる「第2土曜はクラフトDAY」や「水草ワークショップ」などなど...はじめての人はもちろん、リピーターの皆さんも楽しめる、体験型イベントが盛りだくさんフク♡自分で作った作品で応募できる、コンテストもあるフク~!!

訪問後記

展示紹介するだけじゃなくて、絶滅してしまいそうな植物を守り、育て、研究するのが大事なお仕事だと聞いて感動したフクよ。
園内には見ごろの植物を紹介したチラシや分かりやすい解説板のほか、ゲーム感覚で遊べる展示物がいろいろあって、あまり詳しくないぼくでもとっても楽しめたフク♪
今度は企画展にも来てみたいフク~。

つくプロ!