茨城県つくば市のシティプロモーションサイト


【筑波山麓で芽吹きの春を実感度☆3つ】「~平沢官衙遺跡歴史ひろば~新春の芝焼きと演奏会」

本日のとっておきの1枚

01.jpg
(パワフルな「平沢歴史文化財フォーラム」の皆さんと記念撮影フクッ!!)

「新春の芝焼き」ってなぁに?

2015年で、第11回目を迎える平沢官衙遺跡歴史ひろばでの芝焼き。
“芝焼き”には害虫駆除や病気予防とともに、発芽を促進させるという目的があり、新芽が出る前の2月~3月上旬に行われます♪
こちらのイベントは、焼け残った芝で文字を表すことで有名で、当日は文化財の防火訓練も同時開催。
さらに地元の小学生たちの発表会や有志による演奏会のほか、豚汁が振る舞われるなどして大いに賑わいます!

毎年変わるところも注目☆気になる今年の文字は??

02.jpg
(※前日が雨、当日は強風だったこともあり芝焼きは行えず、写真は2014年のものです)

2015年に選ばれた文字は「ふるさと」。 
イベント当日は残念ながら点火が叶いませんでしたが、この雄大な風景をバックに煙炎から文字が浮かび上がる様は格別なものなのだそうです!

03.jpg
こちらはメインイベントのひとつ、筑波東中学校吹奏楽部の演奏☆
「GO WEST」「ルパン三世のテーマ」など、全5曲を披露。
寒さを吹き飛ばす、アップテンポな選曲で会場を盛り上げてくれました!!

新春にふさわしい和太鼓の演奏も!

04.jpg
澄み切った冬の空に響く和太鼓の音色。
半被にハチマキ姿は土木研究所の和太鼓サークル『土鼓ゐ(どっこい)』の皆さん!
間近で見る大きな和太鼓に、小さいお子さまたちも大喜び♡

『平沢歴史文化財フォーラム』の金久保さんにお話を聞きました

05.jpg
(外は寒かったけれど、スタッフの皆さんは熱かったフクッ!!)
フックン船長

まずはじめに、このイベントのコンセプトについて教えてほしいフク。

金久保さん

「ここには、最初冬の間はあまりお客さんが来てくれなかったんですよ。それで、たくさんの人に集まってもらって、喜んでもらえる企画がないか考えたのがきっかけでした。」

フックン船長

そうだったフクね。でも準備がとっても大変そうフク~。

金久保さん

「確かにそうですね。二ヶ月も前から準備が始まりますし、芝焼きの文字も下書きだけで10人がかりで1日かかります。芝を刈ったりして半日、整備にまた半日…豚汁も材料から全て手づくりですしね。」

フックン船長

お母さんたちが「みんなに喜んで食べてもらえたらそれでいい。」って言っていて、感動したフク! 金久保さんたちの、遺跡やお客さまへの想いが形になったイベントということフクね。

金久保さん

「ええ。そして実は、もう一つ大切な意味があるんですよ。」

フックン船長

フク?なんだろう~気になるフクッ!

金久保さん

「我々スタッフもね、田舎で車社会だから、普段はほとんど会うことがないんですよ。
でも、こういったイベントがあると集まることができるし、この後も“反省会”と称して新年会をしたりしてね(笑)。そういう交流のきっかけでもあるんですよ。」

フックン船長

なるフク~。芝生の生育や文化財にとってだけじゃなく、みんなに嬉しいイベントということがわかったフクッ!
納得できたところで…美味しい豚汁、もういっぱいお代わりしちゃおうかな?フクフク♪

フォトギャラリー

06.jpg
朝早くから、会場にはたくさんの人が集まっていました♪
07.jpg
「焼き芋ゲット♡フクッ」案内所の前には雑貨や軽食の出店も!
08.jpg
遺跡についての学習成果を発表してくれた北条小学校の皆さん☆
09.jpg
消防隊の協力で、消火器を使った消火訓練も実施!
10.jpg
「獅子舞さん凛々しくてカッコいいフク~♪」
11.jpg
熱々の手づくり豚汁サービスに感激♡「ぼくお肉たくさん入れてほしいフクッ!」

イベントデータ

イベント名 新春の芝焼きと演奏会
日時 毎年1月末か2月上旬
※雨天・強風の場合は順延
開催場所 平沢官衙遺跡(〒305-4213 茨城県つくば市平沢353)
参加費 無料
駐車場 平沢官衙遺跡歴史ひろば案内所脇に無料駐車場あり
アクセス バスの場合:つくばエクスプレス「つくば駅」からつくバス小田シャトルで約45分、「大池・平沢官衙入口」停留所下車徒歩約3分
お車の場合:常磐自動車道「千代田石岡IC」から、約30分
問い合わせ先 NPO法人 平沢歴史文化財フォーラム
電話番号 029-867-5841

おわりに

とっても寒くて風も強かったけれど、みんなの笑顔がいっぱい見られて楽しい一日だったフク!
今回のイベント会場となった『平沢官衙遺跡』は、奈良・平安時代に今でいうところのお役所として機能していたフクよ。
遺跡をバックに研究発表を聞いたり、吹奏楽や和太鼓の演奏を鑑賞したりできるなんて、すごく貴重な体験フクね。
大きな消防車も駆けつけての消火訓練の様子からは、“文化財を守ろう”という地域の人々の高い意識が伝わってきたフク。
さて…ホンモノの芝焼きを見るのは、来年のお楽しみに取っておくフク~♪
次はどんな文字が選ばれるのかな??フクフク。
地元の北条小学校のお友だちが考えているらしいから、次はぼくも参加したいフクッ!!

つくプロ!