茨城県つくば市のシティプロモーションサイト


【前編】キッズとお出かけ ~小さな街と空の旅編~

000873_00.jpg
  • 所要時間は個人差があります

所要目安時間
5時間

今回はまた随分と詩的なタイトルですが、フックン船長は何を考えているのでしょう??
「フクッ?わからないフク??
空と言えば宇宙。宇宙といえば星!宇宙の星を見る旅なら、つくばエキスポセンターしかないフク。プラネタリウム!フク!!」

なるほど!!それで空の旅。フックン船長ったらロマンチストですね~
それと“小さな街”は??
「フックック♪それは後編でのお楽しみフク~」
気になるけど、どこに連れて行ってくれるのかな♪ってワクワクするのもキッズたちの旅の醍醐味ですからね。
では、さっそく旅立ちましょう!

1. 9:50 つくばエキスポセンターでプラネタリウムを見よう

ホームページですぐにプラネタリウムの空席確認できます!
空の旅へいざ出発~☆

000873_01.jpg

(写真提供:公益財団法人つくば科学万博記念財団)

エキスポセンターは9:50開館です。
ペデストリアンデッキをのんびり散歩しながら向かいましょう

初代のプラネタリウムは完成当時世界初、太陽系内の任意の位置から見た宇宙も再現可能な“宇宙型プラネタリウム”でした。
最新鋭の科学技術を導入し投影恒星数は世界最多の23,000個、ドーム径も世界最大を誇っていました。

000873_02.jpg

(写真提供:公益財団法人つくば科学万博記念財団)

プラネタリウムは直径20mを超えると特大と言われるフク。そんな中、つくばエキスポセンターのプラネタリウムは25.6mフクッ!!
おっきぃ~フクねッ!!

今回はなんといってもキッズが喜ぶ『こども番組』です♪
もちろん親が観ても楽しめる作品ばかりなのです!
そして今回はなんと、あの名作「手ぶくろを買いに」です!

000873_03.jpg

(写真提供:公益財団法人つくば科学万博記念財団)

こちらは2015年3月1日まで上映。
今後もどのような作品がプラネタリウムで上映されるのか楽しみですね!
ぜひ親子で鑑賞してみて下さい。

000873_04.jpg

(写真提供:公益財団法人つくば科学万博記念財団)

いつも興味深い番組フク!
年間パスポートを作って何度も見に行きたくなっちゃうフク~☆

他にも子供向けから大人向けの番組があります。
オリジナル番組は、エキスポセンターが季節毎に企画していて、どれも趣向を凝らした素晴らしい作品ばかり!

つくばエキスポセンタープラネタリウム

授乳室や休憩室も揃っているいので、小さなお子様連れでも安心ですよ~♡

その他、つくばエキスポセンターの楽しみ方はこちら↓

「つくばエキスポセンター」に行こう! つくば、ホンモノ!旅

2. 12:00 エキスポセンターの目の前!中央公園でランチタイム♪

晴れの日、キッズはやっぱり外で遊びたくなりますね。
エキスポセンターを出てすぐに公園があるのです!

000873_05.jpg

つくば駅の近くにありながら、こののどかな雰囲気!
ベンチもたくさんあり、歩道も整備されていて散歩にぴったり♪

000873_06.jpg

さっきまでいたエキスポセンターがあんなに小さい!
この大きな池には、カモも集まってきていて癒されます

000873_07.jpg

公園の中に古民家!?
研究学園都市の「開発と伝統の調和のシンボル」として建設された「さくら民家園」です。
江戸寛政年間の建造物を移築したものだそうで、超有名歌手のミュージックビデオのロケ地としても使われているそうです。

000873_08.jpg

市民ギャラリーや特設ステージとして利用できるスペースもあって、文化・芸術活動にも活用できる公園です。

000873_09.jpg

“コタンコロ”は集落を護る、“カムイ”は神居の意味フク。
村の守り神フクよ!

「コタンコロカムイ」とは、アイヌ語でシマフクロウの事だそうです。

000873_10.jpg

色んなフクロウの像がいくつもあるフクッ☆。
フクロウはつくば市の鳥フクよ!!もちろん知っているフクよね!?

フクロウは、農村・人里環境を代表する鳥で森の哲学者ともいわれています。
知恵と技術の象徴であり、学園都市を擁するつくば市にふさわしいとして、市の鳥に選定されました。

公園をちょっと散策したら、子供たちもおなかぺこぺこ…
さあ、いよいよランチタイム♪

000873_11.jpg

さぁ食べるフク♡
ピクニック最高~フク♪

フックン船長プロデュースのキャラ弁で、キッズを驚かせちゃおう♪

000873_12.jpg
ぼくの定番のお弁当フク!
いつか全身にもチャレンジするフク
フックン船長キャラ弁のつくり方

「つくばエキスポセンターのプラネタリウム。どうだったフク?まさに空(宇宙)の中を漂う気分だったフクね♪」
本当に、プラネタリウムは家族みんなで楽しめるからオススメです!
フックン船長、今日も良い旅を紹介出来て嬉しそう。
「中央公園で遊ぶのも良いフク。でも、今回はもっとキッズが喜んじゃう公園で遊ぶフクよ!」
そう、いよいよ気になる“小さな街”ですね~
「おなかもいっぱいになった事だし、そろそろ向かうフク♡」
どこに行くのか、後編をお楽しみに☆

つくプロ!