茨城県つくば市のシティプロモーションサイト


【パワースポット編】白滝神社

1207_01.jpg

筑波山には数々のパワースポットがあるフク。
筑波山の南中腹に、秘境とも言えるスポットの「白滝神社」があるフクよ!
「白滝道」と呼ばれる、白滝神社への参詣の道があるフク。
つくば市臼井のつくば道から分岐してスタートするルートと、つくば市臼井の六所地区からはじまるルートがあるフクよ~ 。
筑波ふれあいの里の敷地から抜けていく事も出来るフク!

見どころ

[1] 入口に建つ石碑

1207_02.jpg

整備された道路から一変、森の奥に続く1本の道がある以外は自然の姿のままです。
まさに秘境への入り口といった風情を感じます。

[2] 白滝が流れています

1207_03.jpg

虫の声や鳥のさえずりと共に、水の流れる音が聞こえていました。
その水の音の正体がこれ、白滝です。
大きな岩の上を流れる水のその奥に、細く落ちる滝が見えます。
水の落ちる音は優しく、滝を囲む木々は神秘的です。

[3] 巨樹の根と巨石の上に鎮座する白滝神社

1207_04.jpg

白滝神社は巨樹の根と巨石の上に鎮座し、その側を白滝が流れています。
静寂の中、聞こえるのは滝の音や鳥の声。
自然と一体化し神社に向き合うと、不思議な感覚に。
まさにパワースポットです!

フォトギャラリー

1207_05.jpg
ここから進むフク!パワーをもらってくるフクよ~♪
1207_06.jpg
滝を眺めているだけでもパワーを感じます!
1207_07.jpg
さあ、ここを登れば白滝神社フクッ!頑張るフク!!
1207_08.jpg
滝の真上に立つことができます
1207_09.jpg
緑の苔と済んだ水…美しい光景です。

まとめ

白滝神社は、 日本武尊 やまとたける を御神体とする神社フク!
東征の途中、道に迷ってしまった日本武尊を白滝不動尊の森から白い鳥が飛び立ち道案内をしたという言い伝えがあるフク。
日本武尊はその白い鳥に導かれ、迷い道から抜け出て目的地に辿り着き大きな戦功を残す事ができたのだと言われているフクよ!その為、古い時代には『白鳥神社』とも呼ばれていたらしいフク!
さらにもう一つの呼び名が「筑波山の紅白の滝」フク。
どうやら筑波山東側の石岡市側(旧八郷町)には「赤滝」があって、白滝と赤滝2つで、「筑波山の紅白の滝」というわけフクね!

スポット情報

住所 〒300-4211 茨城県つくば市臼井白滝2099番地 MAP
アクセス バスの場合:TXつくば駅から
・筑波山シャトルバス「筑波山神社入口」下車〜徒歩約30分
・つくバス(北部シャトル)「筑波山口」下車〜タクシー約15分
車の場合:「常磐自動車の土浦北インター」・「北関東自動車道の桜川筑西インター」より、車で約40分の距離にあります。
つくプロ!