茨城県つくば市のシティプロモーションサイト


【体験・グルメ編】田井ミュージアム&ソレイユ(カフェ・菓子工房)

0113_01.JPG

筑波山南麓で、福祉活動・環境運動・表現活動を柱として、さまざまな事業を展開している『NPO法人自然生クラブ』さん。
ディレクターの柳瀬さんは、共同生活を営みながら、知的ハンディキャップのある人たちが持つ優れた感性を、絵画・太鼓やダンスなどで自由に表現するための場『田井ミュージアム』を運営しているフク。
また、ミュージアム併設の『ソレイユ(カフェ・菓子工房)』では、自家製素材を使った食事やデザートが味わえるフク。手作りジャムやピクルスなどのお買い物も楽しめるフクよ!イベント時以外でも、予約すればオープンしてくれるフクッ♪

見どころ

[1] シアターとアトリエ、二つのスペースを備えた芸術の発信基地

0113_02.JPG

シアターを訪れた日はヨガの先生が来ていて、皆さんでレッスンを楽しんでいました!
隣のアトリエ(色彩の実験室)では、大きなキャンバスを使って創作活動に熱中する姿も☆
イベントがある時は、この場所でダンスやコンサートのほか、絵画・草木染めの作品展も行われます。

[2] ヨーロッパなど、海外での評価も高い“創作 田楽舞い”

0113_03.JPG

ハンディキャップを持つ子どもたちとの表現遊びが発祥という、自然生クラブの太鼓演奏。
いつしかその素晴らしさが評判を呼び、現在では各地で公演やワークショップを行うまでになったのだそうです。
自由に舞い踊り、激しく太鼓を打ち鳴らす姿は迫力満点!!

[3] たっぷりと日差しが降り注ぐカフェはみんなの憩いの場

0113_04.JPG

基本的に、ワークショップや企画展開催時の営業が中心という『ソレイユ』。
「ふらりと立ち寄っても、お茶とスイーツくらいは出せますよ!」と柳瀬さん。
ここでは自家製スイーツのほか、加工品やアート作品の販売も行っています。

フォトギャラリー

0113_05.JPG
秋の芸術祭での一コマ☆地域の草木染めサークルの展覧会が開催されていました
0113_06.JPG
備蓄米の保管棚を飾るメンバーのアート作品
0113_07.JPG
「海外公演の様子が紹介されているフクね!」DVDの購入も可能
0113_08.JPG
自家農園の小麦でグラハムクッキー作り
皆さん真剣!!一つ一つ手作業で、丁寧に仕上げていきます
0113_09.JPG
「福来みかんの入ったクッキーが絶品フク♡」ラベルにもアート作品を採用
0113_10.JPG
食べてばっかり!「シフォンケーキとコーヒー、最高フク~♪」

まとめ

ディレクターの柳瀬さんは「ハンディキャップにかかわらず、ミュージアムは表現の自由が守られている場所。そして、大切な”食”を担うカフェは、自分たちで作ったホンモノを扱う場所。」そんな風に、熱く語ってくださったフク~。
文化の発信や交流にも重きを置いている柳瀬さんの頭の中には、面白い構想がまだまだあるみたいフクッ!創立25周年を迎えた2015年は、記念の絵画展や田楽舞い公演の開催など、精力的に活動をされてきたそうフク。
今後も、地元はもちろん国内外を問わず創作活動を続けていくというから、ますます目が離せないフクね!

スポット情報

活動日 公演、ワークショップ、アート企画、見学などお気軽にご相談ください
住所 〒300-4212 茨城県つくば市神郡54 MAP
アクセス 電車の場合:つくばエクスプレス線「つくば駅」から北部シャトルに乗車して約35分、「筑波山口」下車徒歩約30分。
※送迎ご相談ください
お車の場合:常磐自動車道「土浦北IC」より約20分。
電話番号 029-866-2192(自然生クラブ)
HP http://jinenjophotoalbum.wix.com/jinenjo-club
つくプロ!