茨城県つくば市のシティプロモーションサイト


【体験編】みずほの村市場

20160104_21.jpg

ここみずほの村市場は「本物の農産物」を提供することを第一に考えている、つくば市を代表する直売所の一つフク!
代表の長谷川久夫氏は、農家も経営者であるべきと考えたフクね。農産物を適正価格で販売し、農家が農業だけで生計を立てる事を目指し直売所を始めたフク。
野菜や果物が地元の安全でおいしい物であるだけでなく、加工品に至るまで全て国産にこだわった品揃えフクよ!
土日には県外からも買い物にくる人がいるフク。季節によっては収穫体験やイベントもたくさんフク!観光スポットにもなっているフクね。

見どころ

[1] 生産者と消費者の信頼を結ぶ直売所

20160104_22.jpg

生産者は、「農業経営者会員」としてみずほの村市場と契約を結び、店頭に商品を置く事が出来るそうです。
生産者のこだわりや栽培方法など、ホームページでも公開しています。

みずほの村市場はこちら

[2] 試食もたくさん!

20160104_23.jpg

試食用の野菜や果物が至る所にあり、味を確かめてから購入できるようになっています。多くのお店では野菜や果物は日によって価格が変わります。
しかし、みずほの村市場ではシーズン中は価格を変えずに販売するというルールがあります。消費者も価格が決まっていると安心して買い物に行けますよね。

[3] 自然とのふれあいを楽しむ!

20160104_24.jpg

半日から一日過ごせるような直売所にしたいという想いから、自然と触れ合う事ができるようになっています。
この「サラダ牧場」では山羊などにえさやり体験ができるのです!
季節限定ですが「夏野菜の収穫体験」「竹細工教室」など、自然体験もできるようになっているので、子供も一緒に楽しめます。

フォトギャラリー

20160104_25.jpg
調味料からレトルト食品、ドリンクに至るまで全て国産のものフク!
加工品の原材料も国産とわかっていると嬉しいフクね
20160104_26.jpg
手作りコロ助さんに出会ったフク!
この奥には種など園芸グッズがあるフクよ~
花・樹木も買えるフク!
20160104_27.jpg
目を惹く大きな屋根は「蕎舎」
移築された古民家の中では、こだわりのそばを味わう事ができます。
20160104_28.jpg
夏には「 藕糸蓮 ぐうしれん 」という蓮の花が咲きます。
みずほの蓮根農家、八島八郎氏が品種改良を行い命名したそうです。茎部から繊維が採取でき、織物に活用できるのだそうです。
20160104_29.jpg
「夏野菜の収穫体験」は期間限定フク。
収穫って楽しいフク♡農業を身近に感じる事が出来るフクね~
20160104_30.jpg
夏になると「ひまわり迷路」に訪れる親子もたくさん。
迷路にチャレンジした後は休憩所でかき氷やアイス焼き芋なども販売しています!

まとめ

みずほの村市場は、『日本農業賞・特別部門 食の架け橋賞』や『いばらき産業大賞奨励賞』など数々の受賞だけでなく、茨城県やつくば市から地域貢献や地産地消の推進などの感謝状も贈られているフク。
さらに全国直売所研究会主催の2013年「全国直売所甲子園」では優勝を飾ったフクね!
“地域の農家の自立、農業振興を基軸とする意欲的な地域活動”を高く評価されたフクよ!
ここなら間違いのない品物を買う事が出来るという、信頼できる直売所フク。
毎朝9時に開店するとお客様が続々訪れるフクよ。午後には商品が少なくなってしまう事が多いから、早めに行く事をお勧めするフク~。
収穫体験など期間限定の体験は子供連れの家族にも大人気フク!
その他季節毎にイベントも開催されるから、是非ホームページをチェックして遊びに行ってほしいフク。

イベントページはこちら

スポット情報

営業日・時間 <1月~3月> am9:00~pm6:00
<4月~9月> am9:00~pm7:00
<10月~12月> am9:00~pm6:00
年中無休(元旦・2日は休店)
住所 〒305-0842 茨城県つくば市柳橋496 MAP
アクセス 車の場合:つくば中央インターよりつくば方面へサイエンス大通りを直進
電車の場合:万博記念公園駅より
  • タクシー:約5分
  • 徒歩:約20~30分
  • バス:つくバス「自由が丘シャトル」で科学万博記念公園か西部工業団地下車
電話番号 029-856-1090
FAX 029-856-2233
HP http://mizuhonomuraichiba.com/
つくプロ!