茨城県つくば市のシティプロモーションサイト


【体験・交流編】つくばね焼 窯元

160222_01.jpg

なんと、筑波山の中腹で陶芸体験ができるフクよ!!
こちらのオーナーである梅田さん邸が発祥とも言われている、筑波山梅林に隣接した約8千坪の敷地内には、ギャラリーや陶芸教室のほか三つの窯が点在しているフク~。
山を吹き抜けていく風を感じたり、木々の葉擦れの音を聞きながら、じっくりと作品に向き合えば…気分は憧れの陶芸家!フクフク♪

見どころ

[1] 初心者だって大丈夫♪楽しく作陶体験

160222_02.jpg

いきなり“ろくろ”を使うのは、やはり難しいという梅田さん。陶芸ビギナーのフックン船長でも失敗のない“てびねり”から教えてもらいました☆
「筋がイイね~」なんて言われて、調子に乗って大きな作品づくりに挑戦!

[2] 併設のギャラリーでは作品も購入できます♡

160222_03.jpg

梅田さんのモットーは「使われてこそ器」。
ギャラリーには、使いやすくて、手に入れやすい器がたくさん並んでいます。食器だけでなく、花器やオブジェなど、眺めているだけでも楽しめますよ。

[3] 筑波山中の粘土や草木を用いたつくばね焼

160222_04.jpg

使用する素材同様、重要な“登り窯”は、傾斜に沿って3つの焼成室が連なり、大量の薪を使って約1,000個もの作品を一度に焼き上げるといいます。
20人ほどが協力し、徹夜で5tもの薪を数日かけて焚き続ける様は壮観なのだそう。

フォトギャラリー

160222_05.jpg
憧れの“ろくろ”も、ここでなら体験できますよ☆
160222_06.jpg
「フクフク…重ねていって器の形になるフクね!!」
160222_07.jpg
クシでイニシャルを入れれば…「フク~。完成フクッ!!」
160222_08.jpg
梅田さんや生徒さんの作品など、いろいろ展示されています
160222_09.jpg
平皿やお香立てなどを製作☆焼き上がりを待つのも楽しみ
160222_10.jpg
梅田さん夫妻と記念撮影「とっても面白かったフクー♪」

まとめ

広告代理店に勤める傍ら、お母様の窯場で陶工としての腕を磨いた梅田さん。
銀座で個展を開くほどの腕前となり、定年退職してから10年の間、年一回の開催で新しい作品を発表していたそうフク~。
その後は筑波山でご主人が作陶し、その作品を松戸の自宅で奥さまが販売するという別居生活が続き、平成16年からはこの場所に一元化して現在のスタイルになったんだって!!
“軽さ”“使いやすさ”“手ごろな値段”などにこだわり、使い手に寄り添う作品づくりを続ける梅田さん。「始めたら面白いですよ!一度おいでください。」そんなメッセージを送ってくれたフク♪

つくばね焼 窯元さんは「おもてなし店」フクッ!
特区民票の提示で嬉しいサービスが受けられるフクッ♡
おもてなし店

スポット情報

営業日 土・日曜日、祝日
営業時間 10:00~16:00
体験費用 3,000円 ※要予約
住所 〒300-4353 つくば市沼田1700-8 MAP
アクセス 電車の場合:つくばエクスプレス線「つくば駅」から筑波山シャトルバスに乗車して約40分、「筑波山神社入口」下車徒歩約5分
お車の場合:常磐自動車道「土浦北IC」より約40分
※駐車スペースあり
電話番号 029-866-2688