茨城県つくば市のシティプロモーションサイト


【楽しい共同作業でココロも温まる度☆3つ】「筑波山麓自然学校100キロのみそづくり」

本日のとっておきの1枚

160307_01.jpg
(美味しく仕上がりますように!!フクフク♡)

「筑波山麓自然学校100キロのみそづくり」ってなぁに?

筑波山麓に位置する、筑波ふれあいの里を拠点に活動を行う『筑波山麓自然学校』。里山のくらしや文化を学べる魅力的な講座が多数ある中で、毎年2月に行われているのが、この“100キロのみそづくり”。
みそづくりを体験できるだけでなく、過去に仕込んだみその食べ比べや、実際にみそを使った昼食が振る舞われるなど、とにかく盛りだくさんの内容。
毎年楽しみにしているというファミリーや、作り方をマスターしたいという若い女性の参加が多く、とりわけ人気の高い講座になっています☆

美味しくないはずがない♪大釜で茹でた地元産大豆

160307_02.jpg

2日前から洗ってしっかりと水に漬け、大釜で茹でた熱々の地元産大豆!
「どうぞ、食べてみてください!」のお言葉に甘えて一粒…。ふっくらと柔らかくて甘くて、このままでもイケます☆
原料にこだわることも、美味しいみそづくりの大切なポイントのようですね。

「麹と大豆をしっかり混ぜてね!」大勢でやるとあっという間☆

160307_03.jpg

麺棒できっちりと潰した大豆をシートに広げたら、麹とまんべんなく混ぜ合わせていきます。
雑菌が入ってしまわないよう、手袋やマスクは必須!小さいお子さまたちも、真剣な表情で作業に没頭していました☆
丸めたみそ玉を容器に詰める作業も楽しかったですね!

“味噌づくし”のお昼ごはんも楽しみのひとつ!

160307_04.jpg

大勢で集まって、屋外で食べるご飯の味は格別!!
地元の旬の食材や、手づくりのみそをふんだんに使った手料理なら、なおさらですね♪
手づくり五平餅やおみそ汁、野菜スティックや田楽にもたっぷりの自家製みそをつけていただきました。
みその万能ぶりを再認識♡

筑波山麓自然学校担当スタッフ永谷さんにお話を聞きました

160307_05.jpg
(材料の事前準備に当日の作業指導、とっても大変なはずなのにこの笑顔☆さすがです!)
160307_icon_f.jpg

自分でみそが作れるなんて、夢にも思わなかったフクよ!

160307_icon.jpg

そうかもしれませんね。
11年前からこうした事業を行っていますが、みそづくりは特にリピーターも多い人気の講座なんですよ。

160307_icon_f.jpg

やっぱり!
地元産の大豆や麹を使っているというところにも注目したいフク~。

160307_icon.jpg

ええ、塩以外の材料は地場産です。
ちなみに、30キロの大豆を3時間ほどかけて煮ると、60キロくらいになります。
そこに麹や塩を合わせて、およそ100キロの仕上がりになるんですね。

160307_icon_f.jpg

フクフク。それはみんなで力を合わせて作業しないと大変フクッ!!

160307_icon.jpg

そうですね。
そんな風に講座を通して、筑波山や里山の自然や暮らしを感じてほしいと思っています。
普段生活している身近なところに、様々な生きものが生息する豊かな自然が残っているということも知っていただきたいですね。

160307_icon_f.jpg

街のすぐそばで、美味しい地元の食材を味わえたり、こうした田舎の原風景に出会うことができるなんてとっても贅沢フクね。

160307_icon.jpg

おっしゃるとおりですね。
私たちは“筑波山の自然と文化を楽しみながら学ぼう”というコンセプトで活動をしています。
街の良さも、里山の良さも両方知って、自分たちが住まう地域の素晴らしさを再認識してほしいです。

160307_icon_f.jpg

なるフク~♪
最後に、ひとことメッセージをお願いしたいフク!

160307_icon.jpg

年間を通して10以上のイベントを行っています。
この講座への参加を通して、他のイベントにも興味を持ってもらえたら嬉しいです!

160307_icon_f.jpg

フクフク、早速HPを見てみるフク!!
ぼくが仕込んだおみそ、美味しくできるかな?
また来年もチャレンジしに来たいフク♡

160307_icon.jpg

ぜひ、お待ちしていますよ!

160307_icon_f.jpg

いろいろなお話が聞けて、楽しかったフク~。

フォトギャラリー

160307_06.jpg
「フクフク…思っていたより、ずっと簡単に作れるフクね~♪」
160307_07.jpg
スタッフの皆さんと一緒に、ランチの“五平餅”づくり!!
160307_08.jpg
「田楽も野菜スティックも、手作り味噌のおかげでごちそうになっちゃうフクね!!」
160307_09.jpg
粒が残らないよう、しっかりと麺棒で潰していきます「なかなかハードフク!!」
160307_10.jpg
空気を抜くように、ぎゅぎゅっと詰めていきます!「これも力の要る作業フクね~」
160307_11.jpg
容器に詰めたら、あとは熟成されるのを待つだけ♪

イベントデータ

イベント名 筑波山麓自然学校100キロのみそづくり(毎年開催予定)
※諸般の事情により開催できない可能性もあります
開催日時 2016年1月30(土)
開催場所 〒300-4211 茨城県つくば市臼井2090-20 筑波ふれあいの里
参加費 900円/人、別途材料費2,500円/組(約4㎏のみそ持ち帰り,容器付き)
駐車場 施設内に無料駐車場あり
アクセス
(メイン会場)
電車の場合:つくばエクスプレス線「つくば駅」より筑波山シャトルバスに乗って約30分『筑波山神社入り口』下車徒歩約20分
お車の場合:常磐自動車道 「土浦北IC」から約40分
問い合わせ先 筑波ふれあいの里
電話番号 029-866-1519
URL http://www.tsukubafri.jp
  • 筑波山麓自然学校の企画・運営は、つくば市の委託を受けてNPO法人つくば環境フォーラムが担当しています。以下のホームページにも案内があります。
自然学校 of つくば環境フォーラム

おわりに

「私たちにとってはとても厳しいけれど、この寒さがみそづくりに最適なんですよ。」という説明に始まり、年月を経て味わいや深みを増すみそが“生きもの”であることを知ってほしいと話してくださった講師の田中先生。
昔はこの時期になると、集落ごとにおかみさんたちが集まって、みんなで自分の家や親戚のために沢山のみそを仕込んだそうフク☆
今回は、講座を通して豊かな自然環境や食文化を次代に継承することの大切さを教えてもらったフクよ!
その時々の気候や風土に合った旬の食材を加工・保存し、一番美味しくいただく知恵は、何にも代えがたい宝物フクね!!
大人はもちろん、子どもたちにもぜひ体験してほしいと思ったフク~。
そのほか夏の昆虫ナイトウォッチングや沢遊び、森のガイドウォークなど、気になるイベントがいっぱいフク。HPでチェックしてみてね、フクフク♪

つくプロ!