茨城県つくば市のシティプロモーションサイト

私のつくばLife

「つくば」は最先端科学を気軽に学べる文化度が高い街 Brian Landberg(ブライアン・ランドバーグ)さん

ハローエブリバディ!!
市内を歩いていると、外国語の会話が聞こえたり、異国料理屋さんが多く軒を連ねているのに気づくフクね。つくば市は学園都市の他に「国際都市つくば」とも呼ばれているフク。
研究者や留学生など外国人居住者数は、129か国約7千9百人(平成28年5月つくば市発表)と日本全体での割合と比べてもかなり高く、市内でも日本人と外国人の交流イベントが盛んに開催されているフクよ。
皆も参加してみたことあるフク?
今回はつくばエキスポセンターで、プラネタリウム・オリジナル番組の企画制作や吹き替え、英語翻訳にボランティアで携わるブライアンさんにお話を伺ったフク!
宇宙飛行士型ふくろうロボットのボクも興味津々フク(◎ v◎)☆彡

image01.jpg
Brian Landberg(ブライアン ・ランドバーグ)さん
アメリカ合衆国ニュージャージー州出身(国際Iターン)つくば在住10年以上。
家族構成はご本人、奥様、息子さん1人の3人暮らし。

東京より家族で住みやすい街だった

icon_f.jpg

移住先につくばを選んだのはどうしてフク?

icon_spk.jpg

つくばエクスプレスが開通した2005年当時、私は東京とつくばにオフィスがある新しい会社に転職したてでした。つくばへ配属が決まり、最初は東京から通う予定でしたが、どんな場所だろうかと家族で見に来てみたんです。
つくば駅周辺は開発が進んでいて、緑が多く広々とした公園が沢山あり、住みやすそうなところに惹かれました。それに家賃が東京に住んでいた時と比べ、お手頃な価格で広い一軒家が借りられたのも移住の理由として大きかったです。東京は確かに文化が多く楽しいですが、家族で暮らすことを考えると比較対象にはなりません。

緑豊かな街中で、最先端科学に触れられるのが嬉しい

icon_f.jpg

つくばの魅力は、どんなところがあると思うフク?

icon_spk.jpg

スポーツやアウトドアが好きなので、市内に大きな公園が多くあるのがいいですね。
特に洞峰公園の雰囲気が好きで家族や一人でもよく行きます。園内のジョギングコースは一周1kmなので、タイムを計るのに重宝しています。11月に行われるつくばマラソンに毎回参加していまして、今年は10km走るためにこちらで目下練習中です。

ほかには、市民が研究所の一般公開や講演会に気軽に参加できるところが魅力です。
私は夏に高エネルギー加速器研究機構のセミナーに参加して、1週間ずっと勉強に打ち込めて楽しかったです。また、つくば国際会議場(通称エポカルつくば)の講演会では、ノーベル賞を受賞された青色LEDの中村修二先生やiPS細胞の山中伸弥先生など著名な研究者に出会え、最先端の技術を学ぶことができました。
つくば駅そばのBiViつくば2階の交流サロンでも、筑波大学コミュニティの情報公開や市民の講演会を度々開催していますよ。研究者が集まるつくばならではの魅力ですよね。

icon_f.jpg

そうフクね! 最先端技術に気軽に触れることができるって貴重な体験フク。
ブライアンさんは、すごくパワフルに活動されているフクね★
ところで市内の外国人の皆さんとはどのような交流をされているフク?

icon_spk.jpg

今は主にコミュニティサイトでつながっていますね。
代表的なものは、Facebookやエイリアンタイムズというつくば在住の外国人ボランティアが発行している英語のつくば情報サイトです。生活のアドバイスやちょっとしたニュース、情報交換などさまざまな助け合いができています。
それに先ほどお話ししたBiViの2階でも国際交流のイベントが行われているので、参加してみると新しい出会いがあるかもしれませんよ。

icon_f.jpg

へえ! オンラインでホットな情報をすぐに見られるのがいいフクね。イベントや媒体を通して、同じ街で住んでいる人同士、新たな交流が生まれそうフクね。

image_04.jpg
image_05.jpg
よく訪れるという洞峰公園内のひだまりカフェ。
店内は心地よい音楽が流れ、リラックスしたムードに包まれているので、お仕事がよく捗るそう♪
ボクも読書しに来ようっと。

外国人の友達や親戚にも楽しんでもらいたいという想い

icon_f.jpg

つくばエキスポセンターにつれてきてもらったフク。
プラネタリウムの大きなドームとH-Ⅱロケット実物大模型が目印フク。
ここは、ブライアンさんお馴染みのスポットなんだって!

icon_spk.jpg

そうですよ。2年前からつくばエキスポセンターでプラネタリウム・オリジナル番組の企画制作、英語吹き替え、翻訳のボランティアをしています。
科学、教育、マスコミ、天文学など、自分の好きな分野がうまく融合しているところが面白かったのですが、以前は日本語版しかないので、外国人の友達や親戚と一緒に見られないのが残念と思っていたんです。そこで何かお手伝いできないかなと思ったのがボランティアのきっかけでした。

以前ラヂオつくばで一年間、市内の研究者を英語でインタビューする番組を持っていたので、そのときに身に付いたナレーションや編集の技術を合わせてセンターで活かすことができそうだとアプローチしてみたんです。

icon_f.jpg

当時ボランティア募集はしていなかったそうだけれど、ブライアンさんの熱意が伝わったフクね。

icon_spk.jpg

ありがたいことに。ところでフックン船長、こちらのプラネタリム番組は珍しい特徴があるんですがわかりますか?

icon_f.jpg

フ、フク!? 特徴……わからないフク……↓

icon_spk.jpg

ふふふ……実はプラネタリウム番組を、職員自らが企画制作しているんですよ。通常は、メーカーなどが作成した番組を上映するのに対して、この取り組みは全国でも珍しいものなんです。
私も昨年『おさるのジョージ』という絵本の作者で知られているレイ夫婦(H.A.ReyとMargaret Rey)が出版している、一般向けの星座や惑星の本を参考にした『楽しい星座さがし ~絵本作家H.A.レイの世界~』という番組を企画させてもらいました。
星の明るさのこと、季節ごとに見える星座が違うことなど、小さな子供でもわかりやすいように工夫をしている本なんです。

おかげさまでお客さんの反応がとても良かったこともあり、昨年は日本語版を福島で、今年は英語版をポーランドで行われたプラネタリウムの学会で使っていただきました。せっかく素敵な番組を作ったので、これからも多くの方に見ていただけるようになってほしいなと思っています。

image_05.jpg
やっほー! プラネタリウムの大きなドームは迫力満点。
つくば市では1985年に国際科学技術博覧会(科学万博 – つくば’85)が開催されたフク~。
つくばエキスポセンターには、当時のロボットやグッズなどを展示した万博のメモリアルゾーン、科学を体験できる展示もあるフク。
万博30周年を記念した「ニュートンのリンゴの木」も植わっているフクよ。
どこにあるかな? 実際に探してみよう!
image_05.jpg
趣味が充実しているからこそ、本業も生き生きすると仰っていたフク。プラネタリウムや科学のことを話すときは目を輝かせていたフク! 全力でつくばを楽しんでいるフクね!

お気に入りの場所は、つくばエキスポセンターのプラネタリウム

icon_f.jpg

お気に入りの場所を教えて欲しいフク♪

icon_spk.jpg

やはりつくばエキスポセンターです。ボランティア活動の体験を通して、自分の世界が広がったので、大切な場所です。

icon_f.jpg

先ほど教えてくれた、H.A.レイ夫妻の番組作りなどフクね。

icon_spk.jpg

ほかにも、英語版の作成や吹き替えにも挑戦しています。現在公開している秋の番組『明るい方へ ~影絵と星のファンタジー~』では、英語のナレーションを担当しています。ぜひプラネタリウムの受付で英語版副音声のイヤホンを借りて聴いてみてくださいね。英語の勉強としても楽しめますよ。

また、2か月に三回主音声を英語に変えて上映を行っています。前回は番組が始まる前の今日の星座生解説も特別に担当させてもらいました。子供がパパの声だって言っているのを聞いて嬉しく思います。

また、吹き替えには私の友人が勤めているつくばインターナショナルスクールの有志の生徒さんが協力してくれています。生徒さんの中には俳優を目指している子もいるので、番組で自分の声が流れて、エンディングに名前がでると嬉しいし、実績にもなりますしね。日本語版のプロの声優さんが吹き替えを行っている様子を勉強させてもらってもいるようです。

icon_f.jpg

へえ~! 沢山のボランティアスタッフさんとセンターの職員さんが協力して作り上げている番組フクね!

icon_spk.jpg

はい。英語版作成や企画、英語の吹き替えまで、いろんな提案に快く採用してくださったつくばエキスポセンターの皆さんには非常に感謝しています。これからもよろしくお願いします。

image_04.jpg
ここが世界最大級のプラネタリウムドームって知っていたフク!?
真ん中にある光学式スターボール(恒星球)およびデジタルプロジェクターで、ドーム全体に臨場感溢れる美しい星空を再現することができるフクよ~! 地上に居ながら宇宙遊泳が楽しめるフクね♡
(写真提供:公益財団法人つくば科学万博記念財団) MAP
image_04.jpg
過去の星空コンサートの様子
また、つくばエキスポセンターでは、プラネタリウム内で満天の星空の下、美しい生演奏を楽しめる
「星空コンサート」も開催しているフクッ!参加費:500円、ワンドリンクサービス付き。
次回は10/29(土)19:00からインディアンフルートとピアノによる演奏フクよ。幻想的な調べに酔いしれちゃおう♪ 詳しくはこちらをチェック!
(写真提供:公益財団法人つくば科学万博記念財団)

東京では体験できないものが集まった、都会的な田舎だ!

icon_f.jpg

最後に、これからつくばへ移住を考えている方へメッセージをお願いするフク☆

icon_spk.jpg

東京に住んでいる人につくばのイメージを聞くと、「田舎だ」と思っている方が多いかも知れませんが、実際に来てみるとそうではないことがわかります。
一度来てみてください。家族をお持ちなら、なお強くおすすめします。

文化度も高く、子育てしやすい環境が整っていますし、スポーツも科学もいろんな楽しさがありますよ。
一つ注意点といえば、こちらでは車中心のライフスタイルになることです。ドライブ好き・車好きならもちろん楽しめます。免許をお持ちでない方は早めに免許を取得するなど準備をしておくと安心です。私のようにスポーツ自転車で市内を走るのも風と季節の匂いが直接感じられるので楽しいですよ。

おわりに

非常に楽しい時間を過ごせたフクッ! プラネタリウムでは、イヤホンからブライアンさんの声、隣からブライアンさんの生声と貴重なダブル音声が楽しめたフク。贅沢なひとときフク。

お仕事のほかに、プラネタリウムのボランティアやスポーツ、科学や交流イベントの参加と忙しい毎日をおくるブライアンさん。長年つくばの企業で働かれて、知り合いもたくさんできたそうフク。新たにお仕事の都合で都心に通うことになったけれど、これだけ自分のコミュニティを作った場所を離れるのは嫌で、理想はつくばにずっといることなんだって。ありがたいお言葉フク~。

ご家族も「つくばで第九」というコーラスグループ、子供のヒップホップ団体DASなどでそれぞれの楽しみを見つけているそう。今後もブライアンさんたちの活躍が楽しみフク。楽しい時間をどうもありがとうございましたフクッ(> v◎)ノ

つくばエキスポセンターについては
こちらの記事で詳しく紹介しているフクッ! チェックよろしくフク!

団体概要

店舗名 つくばエキスポセンター
事業内容 見て・触れて・楽しみながら科学を体験できる科学館
住所 〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2-9
電話番号 029-858-1100
営業時間 9:50~17:00
※入館は16:30まで
休館日 毎週月曜日・月末最終火曜日・年末年始・臨時休館あり
入館料 ・3歳以下無料
・こども(4歳~高校生):入館券210円、プラネタリウム券(入館含む)410円、
年間パスポート(即日発行、展示場とプラネタリウムの見学可)1,000円

・おとな:入館券410円、プラネタリウム券(入館含む)820円、
年間パスポート(即日発行、展示場とプラネタリウムの見学可)2,000円
※20名以上は団体料金(要予約)団体利用についてはこちら
備考 プラネタリウム
英語版、日本語版副音声のイヤホンの貸出について
補聴援助機器の貸出。
・プラネタリウム番組の英語版上演。
※10月22日(土)、11月12日(土)ほか、日程はお問い合わせください。

・展示物の日本語と英語の併記。

・『星空コンサート ~プラネタリウム生解説と生演奏のコラボレーション~』
・次回は、10/29(土)19:00から開催。
ゲスト:インディアンフルートとピアノデュオ「Tawa」。
参加費:500円1ドリンク付き。
※3歳以下の乳幼児はご遠慮ください。
お申し込みはこちらから
WEBサイト http://www.expocenter.or.jp/