茨城県つくば市のシティプロモーションサイト

私のつくばLife

「つくば」は住む人を変化させてくれる街 五十嵐純子さん

今回は筑波山の麓で家族4人、病気と闘いながらも笑顔の絶えない朗らかな家庭を築いている五十嵐さんにお話を伺ったフク!

image_01.jpg
五十嵐純子さん(39歳)茨城県阿見町出身(Iターン) つくば在住15年目。
家族構成はご本人、ご主人、お子さん2人の4人暮らし。ご主人はつくば出身☆
次女の心音(ここね)ちゃんの病気がきっかけとなり、病気の子供やご家族の交流の場
『おしゃべりの会』を始めたフク!

朗らかな人たちと美しい自然が待っていました

icon_f.jpg

以前は阿見町に住んでいたとお聞きしているフク。
つくば市に移住されたのはどうしてフク?

icon_spk.jpg

結婚を機に主人の実家があるつくば市へと引っ越してきました。つくばにはたびたび遊びに来ていましたので馴染みのある街でしたが、住むとなると勝手がわからず最初は少々大変でした。親戚の方や近所のおばあちゃんにお店などを教えていただき、少しずつ生活に慣れていきました。

icon_f.jpg

五十嵐さんから見るつくばはどんなところフク?

icon_spk.jpg

住んでいる地区は中心街に比べお店が少ないですが、自然が豊かで穏やかな場所ですね。四季折々の風景は素晴らしいです。朝方の一番星もきれいに見えますよ。朝起きて筑波山の景色を見るのが楽しみになっています。ときには筑波山からもくもくと煙のようなものが渦巻いて雲と一体化しているのが見られることもあります。また、義父が自宅の菜園で野菜を育てているので新鮮なものを食べられます。近所の方からお裾分けをいただくことも。野菜の美味しさに気づいたのは、つくばに住んでからです。

特別な空間を楽しんでもらいたい

icon_f.jpg

お仕事はどんなことをしているフク?

icon_spk.jpg

自宅で『Coccone(こっこーね)の台所』という少人数の料理教室&アロマ・ハーブ・アクセサリーのワークショップを主催しています。特につくば産の新鮮で美味しい野菜を味わっていただきたいので、野菜中心のお料理をお出ししています。
ときには出張料理教室として、外国人研究者の宿舎でおせち料理を振る舞う機会もありました。ワークショップでは講師の先生をお呼びして、化粧品や料理で使えるハーブを紹介しています。
講師の先生もお母さん方なんですよ。好きなことをステップアップさせたい方がいらっしゃいますよね。そういった方にステップアップの初めとして、うちで講師をしてみませんかってお誘いしているんです。初めてお会いする方が多いのですが、皆さん結構お話してくださるので教室はいつも賑やかです。リラックスしてもらえているのが嬉しいですね。

image_02.jpg
五十嵐さん特製のお料理フク~♪ 料理の本から飛び出してきたみたい。
(*´ڡ`*)とってもおいしそう! (画像提供:五十嵐さん)
image_03.jpg
初めての方も楽しくおしゃべりしながら学べるフクよ♪
あなたもいかがフク?(画像提供:五十嵐さん)

みんなをビックリさせるのが好き

icon_f.jpg

休日はどのように過ごしているフク?

icon_spk.jpg

心音(ここね)は視力が弱いのですが、体で自然を感じることや音楽が大好きなので体調が良いときには家族でよくコンサートや美術館に遊びに行きます。また、自宅では親戚や長女の友達を招いて、バーベキューや誕生会・季節行事を開催します。みんなの楽しそうな様子を見るのが好きです。特別な空間にしたいので、季節に合わせた飾りをたくさん飾って楽しい音楽を流してお皿にもこだわります。この間も家族が寝静まった夜に一人でハロウィンからクリスマスへ飾りを変えました。朝起きたときにびっくりしてもらえるかなと考えるとワクワクしますね。

image_04.jpg
みんなを驚かすことが好きというお茶目な五十嵐さんフク!( *◎艸<)

住む環境が違っていても求める子育ては一緒

icon_f.jpg

つくばの魅力は、どんなところがあると思うフク?

icon_spk.jpg

お母さんたちの活動が活発なところです。市内に乳幼児学級や赤ちゃんと一緒に参加できる場所が数多くあります。つくば市役所1Fにある『福祉部こども課』の壁には、子育てサークルや講座のお知らせがたくさん紹介されているんですよ。私も子供が小さいときにはつくば中心部の乳幼児学級に参加し、子育てや生活について学んでいました。日本全国または海外生活を経験された方もいて、お母さんとして女性としてお互い情報交換ができるのでとても助かります。ここでは一生の友達にも出会えました。お母さんのネットワークと助け合いは核家族の多いつくばならではだと思います。今思えば、私が主催する筑波大学附属病院の活動もここでの経験がきっかけになっていると思います。

icon_f.jpg

WEB上でも、つくば市役所公式の『つくば市子育て支援情報システム』やつくば安全安心子育てネット推進協議会が運営する『みんなでつくるつくば子育てポータル』というサイトで子育てサポートやイベント情報が紹介されているフク! 同じ子育て中の仲間とともに学んでみるのも良い刺激になりそうフクね。

助けてもらう側から、共に助け合う側へ

icon_f.jpg

五十嵐さんは、『筑波大学附属病院』で病気や障害のある子供の家族が気軽に参加できる『おしゃべりの会』を主催しているフクね。

icon_spk.jpg

心音は筑波大学附属病院で1kgほどの未熟児で生まれ、すぐに脳性麻痺の診断を受けました。家族・親戚・地域の理解、子育て、治療への不安……浮上するさまざまな問題に生きることが辛くなるときさえありました。相談相手がいないという状況でしたので、子供に対する環境を整えるため必死に模索し、病院の一室をお借りして体の不自由な子や病弱な子の情報交換会を始めました。

icon_f.jpg

フク……大変な困難があったフクね。
活動ではどんなところにやりがいを感じるフク?

icon_spk.jpg

家族の笑顔と笑い声、そして病院のなかで仲間と一緒に活動ができるということです。和気あいあいと他愛ない話もします。診断を受けたばかりの人とは子供の障がいや病気に対して受け入れることを一緒に考えます。『おしゃべりの会』があったことで生きる望みや先が少し見えたと言ってくださる方がいて涙がとまりませんでした。

icon_f.jpg

開催するようになって心音ちゃんには変化はあったフク?

icon_spk.jpg

心音は、さまざまなイベントを友達やボランティアさんと過ごせることを喜んでいるようです。今まで大きな声を出すことができなかったのが、大きな声を出して笑うようになりました。成長の一助になっていると思います。

毎月の会と季節行事の企画・運営。毎月のテーマには福祉・防災・子育て・医療と多岐にわたります。合わせて心音の治療や訓練もありスケジュール管理が大変です。今は会の運営にママ友たちが協力してくれるようになり、少しずつ分担ができるようになりました。

今後は、地域の皆さんに体の不自由な子供への理解と配慮がいただけるよう、会のメンバーと活動を発信していけたらと思います。保護者が元気でいられたら、きっと子供たちも車いすで外に出かけられると思います。子育ての期間は考えれば短いですが、辛いことばかりじゃない。楽しいことを仲間と一緒にできる会にしたいです。

image_05.jpg
心音ちゃんの車いすは五十嵐さんがテーマを決めてデコレーションしているんだって。
今回はベルばら風フクよ。女の子らしい可愛い飾りが沢山ついているフクね!
(がぷ~!!)フッフク! Σ(||〇 A〇) 心音ちゃん、ボクを食べてもおいしくないフク~!!
image_06.jpg
『おしゃべりの会』は筑波大学附属病院を利用されている子供とご家族のための活動フク♪

お気に入りの場所は、つくばバイパスのベンチ

icon_f.jpg

おうちの周りも美しい景色が多い、五十嵐さんのお気に入りの場所はどんな場所フク?

icon_spk.jpg

国道125号線と県道14号線がぶつかる池田南交差点そばに高台があるのですが、その上に設置されているベンチです。この道路はつくばバイパスと呼ばれています。

icon_f.jpg

桜川沿いの道路からみると『125』の文字を形どった花壇が特徴的フクね。

icon_spk.jpg

毎年私の誕生日にあのベンチで筑波山を眺めながら、大好きなパンを食べるのが恒例になっています。天気のいい日には広々した青空のもと雄大な筑波山を間近で見られますし、季節ごとに田畑の様子も変わりますので見ていて飽きませんよ。

image_07.jpg
眺めの良いこの場所で食べると何倍もおいしく感じるフク♪ MAP
image_08.jpg
国道125号線フク。この先に高台があるフクよ~。自転車や車で駆け下りたら気持ちよさそうフクね~。

おわりに

笑顔の素敵なご一家にボクもホンワカしたフク。笑顔の裏できっと辛いこともたくさん乗り越えてきたフクね。 子供さん二人は現在、近隣の学校に通っているフク。お友達もたくさんできて楽しい学校生活を送っているそうフクよ。 五十嵐さんは最後につくばを大切な人と生活しながら夢が追える、思いを叶えてくれる場所と例えてくれたフク。五十嵐さんはそれを体現してくれているフク。これからも心音ちゃんを支えながら家族はもちろん、ママ友や地域の方と思いっきり充実した毎日を過ごしてくださいフク!
ありがとうございましたフクッ♪

団体概要

教室名 Coccone(こっこーね)の台所
活動 料理教室・ワークショップ(アロマ・ハーブ・アクセサリー)少人数制。
詳細は下記にお問い合わせください。
問い合わせ http://salotto.exblog.jp/
※上記ブログにコメント、またはEmailにてお問い合わせください。
Email jun_to_nene_to_coco@icloud.com