茨城県つくば市のシティプロモーションサイト


【みずみずしい果汁と芳醇な風味がたっぷり♪ つくばの秋の味覚をご堪能あれ! 爽やかさ☆3つ】「つくば福来(ふくれ)みかん収穫祭」

本日のとっておきの1枚

image_01.jpg
福来みかんは小粒で酸味が強くさっぱりしているフク~。

福来みかんって知ってる?

「福来みかんを知っている人は手を挙げてください~!」結構手があがるので驚きフク。つくば観光コンベンション協会さんの活動の成果!? 福来みかんとは、筑波山でしか自生していない貴重なみかんで古くから地元の特産品として伝わっているフク。“筑波みかん”または“ふくれ”とも呼ばれているフクよ。そのユニークな名前は実と皮の間に隙間が多く、皮が膨れている姿から名付けられたという説もあるんだって。面白いフクね♪ 直径約3cmと温州みかんより小さくキリッとした酸味とほのかな甘味、さわやかな香りが強いことが特徴。みかんの原種とも言われているようで、大きな種が数個入っているフクよ。市内では皮を乾燥させて砕いた「陳皮(ちんぴ)」がらーめんや七味唐辛子などの材料に使われているフク!

たわわに実った福来みかんをゲット!

image_02.jpg

『筑波ふれあいの里』の職員さんが大切に育てた福来みかんの畑に出発。フク~、みかんの甘酸っぱい香りが辺りに漂っているフク。今年は例年よりも実つきが良いそう。小粒のみかんがたわわに実っているフクね。

グループに分かれてさっそく収穫スタートフク! 福来みかんの茎は短いのでハサミで切るのがちょっと大変……あれれ、みんな慣れた手つきフクねぇ! 談笑しながらもプロの手さばきフク! あっという間に袋いっぱいに収穫できてスタッフも驚いていたフクよ。収穫した実はお土産として参加者に配られるほか、加工されて地元小学校の給食として提供されるんだって。

麺に福来みかんを練り込んだ福来らーめん試食会

image_03.jpg

ぐぐぅ~……どこからかエネルギー切れの音が聞こえるフク~↓ みんなも運動したのでお腹が空いてきたフクよね。お待ちかねの福来らーめんと常陸牛など地場産お肉のバーベキューフクッ! 期間限定で開催するつくばご当地らーめんイベント『つくば福来らーめん紀行』にも参加している『つけめん・らーめん活龍 本店』さんが登場。今年収穫したばかりの福来みかんを練り込んだここだけしか食べられない限定らーめんフク。ごはんは筑波山麓で栽培している茨城のコシヒカリ『常陸小田米』フクよ♡

二の腕シェイプアップ!?  ボトルシェイクで福来みかんバターづくり

image_04.jpg

ご当地のごちそうは美味しかったかな? ひと休みしたら福来みかんの皮を干した陳皮を使ってバターを手作りしよう! ペットボトルに生クリーム(乳脂肪45%くらいのものに限る)100ml・塩2g・陳皮(お好み)を入れて約5分間シェイクすると簡単に作れちゃうフクよ。ポイントは“水の音が聞こえなくなってもふり続ける”こと! みんな、根気よ~く頑張るフクゥゥ((◎A◎))<シェイク! その後再びバシャっと水の音が聞こえるようになるので、中の水分を捨てたら完成フク。おうちでも作ってみてね。

主催者の一般社団法人 つくば観光コンベンション協会の本間さんにお話を伺いました

image_05.jpg
「福来みかんを食べて、皆さんに福(フク)がきますように」 ※写真左が本間さん
icon_f.jpg

おつかれさまフク! 今日は沢山の方が集まってくれたフクね。みんな楽しそうだったフク。

icon_spk.jpg

当初は応募があるだろうかと内心ヒヤヒヤしていましたが、なんとか40名近く集まってくださりホッとしています。つくば市以外にも近隣の市や埼玉県・東京都・遠く愛知県からいらっしゃった方もいました。

icon_f.jpg

すごいフクね! そんなに遠く離れた県からも応募があったフクね。このイベントは今年からはじまったって小耳に挟んだフクよ。

icon_spk.jpg

企画自体は以前より温めていましたが、実際に動き始めたのは開催1か月前くらいからです。福来みかんを楽しみながら収穫し、その魅力を知ってもらいたい。世間の方はつくば市を思い浮かべるときに、研究所・JAXA・筑波山などを連想するかと思います。実はそれ以外にもつくばならではの魅力がたくさんあるんです。福来みかんもその一つ。特産品として広め「つくばと言ったら、福来みかんだね」と言ってもらえるようにしたい。

icon_f.jpg

大きな夢フク! そういえば、市内の小学校でも授業で福来みかんの普及授業をしているそうフクね。

icon_spk.jpg

そうですね。おかげさまで認知度は少しずつ上がっているようです。今回の参加者さんにお聞きしたところ何名かご存知の方がいらっしゃいましたね。

icon_f.jpg

よかったフクね~。みかんを使った七味唐辛子やポン酢など加工商品も何種類も発売しているフク。需要が増えれば、栽培数を増やしてもらえるかもしれないフクね。

icon_spk.jpg

ぜひそうなっていただけるとありがたいです。

icon_f.jpg

みんなに楽しんでもらえるように工夫したところってあるフク?

icon_spk.jpg

なるべくご当地の食材にこだわりました。今回は、みかんのほかに『常陸小田米』『ローズポーク』『つくば鶏』『常陸牛』『福来らーめん』『筑波ハムのヨーグルト』ですね。

icon_f.jpg

豪華フク~! ザ・茨城県といった食べ物がたくさんあるフク。このイベントだけでご当地番組が作れちゃうくらいフク。

icon_spk.jpg

こだわらなければ用意が楽でしょうけれど、どうしても地元のものを味わってもらいたかった。少しだけ参加費が上がっていましましたが……(小声)。おかげでバーベキューではお肉が柔らかくて美味しいと好評でした。楽しんでもらえたようで嬉しいです。

icon_f.jpg

始終笑い声が聞こえてくる穏やかなイベントだったフクね。今後みかんの普及を目指すために、どのような展開を考えてるフク?

icon_spk.jpg

現在は市内のらーめん屋さんのご協力で『つくば福来らーめん紀行』を開催していますが、今後はらーめんのほかにもさまざまなグルメとコラボレーションができればと考えています。そしていつか名物のひとつとして定着してもらえるようにスタッフ一同頑張っていきます。市内の優れた物産品に贈られる『つくばコレクション』にも福来みかんを使った商品が認定されています。市内の各店舗さんやつくば駅改札前にある市内の特産品を販売している『つくば市物産館』『つくばの良い店』でもお買い求めできます。よろしければお召し上がりください。

フォトギャラリー

image_06.jpg
フクフク~(*ノVノ) みかんの香りもかすむ程のラブラブ空間フクねぇ~! 口に含むと、さっぱりとした上質な甘さとアクセントの酸味が広がるそうフク!
image_07.jpg
つくば市役所の職員さんもご家族で参加していたフク♪ 笑顔が素敵フクね☆
お母さんは収穫した福来みかんの皮を乾かして七味とうがらしを作るんだって。収穫を頑張った分だけ美味しさもひとしおフク☆彡
image_08.jpg image_09.jpg
らーめんコーナーは、あっという間に長蛇の列に!
麺をよ~くみると、福来みかんの皮の粒が見えるフク。参加者のみなさんも「ひと口食べると福来みかんのいい香りがするね。」とらーめんを堪能していたフク。
image_10.jpg
お肉はやけたかな? バーベキューにすると味はなお美味しく感じるフクね。
image_11.jpg
むきむき……一人で上手にむけたフクね~♪ スーパーで売っている冬みかんよりもやや酸味が強い福来みかん。子供たちは皮をむきつつ、たくさん味見していたフク。酸っぱくないフク~?
image_12.jpg
みんなでボトルをフリフリ♪ 「もう完成した?」「水の音がしていないからまだだよ」「おお急に水音がするようになった!」とお互い確認しあい、室内は熱気に包まれていたフク。
image_13.jpg
じゃじゃ~ん♪ このラベルが目に入らぬか~なんてフク! 有名なつくばのハム直営店『筑波ハム』さんの濃厚なスティッキーヨーグルトに、甘酸っぱい福来みかんのジャムがよく合うフク。
image_14.jpg
スタッフの皆さんも福来らーめんを堪能♪ 一日おつかれさまでしたフク!

おわりに

たくさんの方で始終盛り上がったフクね~。つくば観光コンベンション協会さんは福来みかんの普及と地域活性化のために以前より小学校での『福来みかんの普及授業』や『つくば福来らーめん紀行』というイベントを開催するなど積極的に活動してきたフク。

今回の収穫祭もその一環。その背景には福来みかんの供給量の安定や加工の難しさなど、さまざまな課題があるフク。常陸風土記にも記載があるほど歴史が古いこの特産品でも需要がなければいずれ消えてしまう。だからこそ福来みかんの美味しさを知ってもらい、さまざまな商品となって生産数をふやしていかなければならないフク。

収穫祭参加者の方からは「つくばの美味しいものを知ることができた。」と嬉しい声をいただけたフク。スタッフの皆さん良かったフクね。子供たちもみかんに興味津々だったフク。途中でボクもみかんに間違われて収穫されそうになったフク。楽しみながら福来みかんのことを知ってもらえたかな? 次回はどんなイベントを開催してくれるか楽しみフクね~! みんな待っていてね!

イベントデータ

イベント名 つくば福来(ふくれ)みかん収穫祭 (毎年開催予定)
開催日時 2016年10月30日(日) 10:00~15:00 ※雨天中止
開催場所 〒300-4211 茨城県つくば市臼井2090-20 筑波ふれあいの里 MAP
参加費 大人3,200円(中学生以上)・子供1,200円(小学生未満は無料)
  • 収穫体験は、小学生以上となります。
募集人数 50名程度(定員になり次第締め切り)
駐車場 施設内に無料駐車場あり
アクセス ■電車の場合:
  • つくばエクスプレス線「つくば駅」より筑波山シャトルバスに乗って約30分「筑波山神社入口」下車徒歩約20分
■お車の場合:
  • 常磐自動車道 「土浦北IC」から約50分
  • 北関東自動車道「桜川筑西IC」から約50分
  • 首都圏中央連絡自動車道「つくば中央IC」から約1時間
問い合わせ先 一般社団法人 つくば観光コンベンション協会
電話番号 029-869-8333
Mail info@ttca.jp
WEBサイト http://www.ttca.jp/
つくプロ!