茨城県つくば市のシティプロモーションサイト

私のつくばLife

つくばは緑あふれる「ホッとスポット」 落合 淳さん

今回は自然のたたずまいを活かした快適環境「豊里の杜」で生活する、落合さんにお話を伺ったフク♪
家具の一つ一つまでこだわった、木のぬくもりにあふれたおうちフクよ。

image01.jpg
落合淳さん(39歳)島根県出雲市出身(Iターン) つくば在住14年。
家族構成はご本人、奥様、子供さん2人の4人暮らし。
アメリカの大学を卒業後、長く外資系企業を務めたのち、つくば市役所広報課を経て2016年につくば市議会選挙に出馬したフク。

はじめての社会人生活

icon_f.jpg

移住先につくばを選んだのはどうしてフク?

icon_speker.jpg

つくばに本社を置く外資系会社に就職したのを機に、家族で引っ越してきました。
それまでは長いことアメリカに住んでいましたので、久しぶりの日本での生活はすべてが新鮮に映り、とても楽しいものでした。

icon_f.jpg

2007年に豊里の杜地区におしゃれなマイホームを建てたフクね。
広いつくばのなかで、この場所を選んだのはなぜフク?

icon_speker.jpg

この場所ならではの雰囲気の良さと広い庭、そしてなにより一面に広がる田園地帯が決め手になりました。
ちょうどこのあたりの土地の販売がはじまった時期で、私たちも見学に行きました。街中を散歩すると知らない子供が元気に挨拶してくれるんですよ。アットホームな雰囲気がいいなあと思いました。それにバーベキューパーティができるくらい広い庭があり、緑と調和した周辺環境、私たちと同じ子育て世代の住民が魅力でしたね。

赤毛のアンをモチーフにした自慢の家

icon_f.jpg

落合さんの家はこだわりのおうちだって小耳に挟んだフクよ。

icon_speker.jpg

カナダの作家L・M・モンゴメリ作の児童文学『赤毛のアン』に出てくるグリーン・ゲイブルズ・ハウスをそっくり再現した『赤毛のアンシリーズ』という名前の家です。
カナダの『赤毛のアン・ライセンス協会』がデザインを監修している商品で、販売メーカーの営業所がつくば市にもあります。

私も妻も赤毛のアンが大好きで、柱の一本から材質にこだわって施工してもらいました。1Fのリビングには憧れの暖炉を設置し、冬場はぱちぱちと音を立てて燃える薪の匂いを感じながら家族で過ごしています。

image02.jpg
屋根も窓枠もベランダも落合さんお気に入りの緑で統一。
切り妻屋根が特徴のその姿は赤毛のアンに登場したグリーン・ゲイブルズ・ハウスにそっくりフク。
image03.jpg
ゆらゆらと優しく揺らめく炎を眺めながら、まったりくつろぐ猫ちゃん。
暖炉があると体の芯から暖まるフクね~♪

自然を体感できる庭

icon_f.jpg

休日はどんな過ごし方をされているフク?

icon_speker.jpg

家庭菜園とガーデニングにハマっています。樹木も自分で植え、芝生も一枚ずつはりました。裸足で歩くと芝特有のやわらかでひんやりした肌触りが心地よく感じられます。
夏には芝生の上にテントをはって子供と天体観測を楽しみ、友人を招いてバーベキュー大会を開催しています。フックン船長もよかったら遊びに来てくださいね。

image04.jpg
気分はまるで物語の主人公。テラスで心地よい風を感じながら、ティータイムなんて素敵フク♡
image05.jpg
手塩にかけて育てた野菜の収穫はよろこびも桁違い!
奥様も腕によりをかけた料理をふるまってくれそうフクね( *´艸`)

人の幸せを第一に考える

icon_f.jpg

以前は外資系企業やつくば市役所で勤務されていたと聞いたフクよ。現在はどんなお仕事に従事されているフク?

icon_speker.jpg

クリスチャンとして長年集っている教会の管理本部に勤務しています。
毎朝つくばエクスプレスに乗り、1時間半ほどかけて都心へ通勤しています。教会という職場ですので利益追求ではなく、世の人々の幸せのために仕事に取り組んでいます。

以前出向していたつくば市役所では広報課に配属されまして、職員の皆さんと共にPR活動に奮闘しました。このつくば市のシティプロモーションサイト『つくば、ホンモノ!夢特区』の立ち上げにも携わりましたよ。目が回るほど多忙でしたが、おかげさまで非常に充実した日々をおくることができました。

icon_f.jpg

市民のために一生懸命働いていたフクね。当時企画した、学生さんとのコラボレーションや職員による『つくばファンクラブ』の運営は、現在の担当者にもしっかりと引き継がれているフク。ボクの『ファン交流会』 も開いてくれたフクね。また、みんなに会いたいフクッ。

自宅から見た夏場の水田と筑波山

icon_f.jpg

緑が好きな落合さんお気に入りの場所はどんな場所フク?

icon_speker.jpg

晴れの日に自宅庭から見える筑波山と緑の田園風景は息をのむほどの絶景ですよ。
季節や気候によってさまざまな表情を楽しませてくれるこの風景は、私たち家族にとって大切な宝物です。

image06.jpg
7月の田園風景。一面に広がる水田の上をさやさやと風が流れていく。
遠くには筑波山の優美な姿が眺められるフク。(画像提供:落合さん)
image07.jpg
お庭からもこの絶景が見られるなんて羨ましいフクね~。(画像提供:落合さん)MAP

ゆったりと余裕のある生活ができる場所

icon_f.jpg

これからつくばへ移住を考えている方へメッセージをお願いするフク☆

icon_speker.jpg

田舎が好きな方やのんびりした環境で子育てを考えている方におすすめの街です。緑も多く静かな場所ですよ。ですが生活用品は街中ですべて揃えられるくらい便利です。
虫取りにでかけなくてもさまざまな虫がみられますし、車で少し行くと『豊里ゆかりの森』というアウトドアが楽しめる場所があります。私も家族でよくでかけます。子供達が自然に触れられる機会が多いのはいいですよね。
また、野菜やお米の栽培も盛んで、直売所やスーパーでは地場産の新鮮な野菜が購入できます。一度食べたらほかの地域の野菜が食べられないくらいおいしいです。直売所の『みずほの村市場』 では売り場に並んでいる野菜で季節を感じることができますよ。

icon_f.jpg

みずほの村市場では、夏野菜の収穫体験やお米作り体験 など自然体験もできるようになっているフク。
おいしい農産物を買えるだけでなく、家族で一日楽しめちゃう面白スポットフクよ。

おわりに

落合さんが住んでいる豊里の杜地区は、中央を東西に貫く見事なけやき並木や湧水が流れるせせらぎが整備され自然を存分に体感できる住宅街フク。周りには市街化調整区域の緑地帯と田園風景が広がり、天気のいい日には筑波山の姿を眺められるフク。
落合さんにとってつくばは、大切な家族とともに静かに幸せに暮らせるかけがえのない場所なんだって。ホッと息をつける場所、ホッとスポットなんて素敵な名前で呼んでいたフク。みんなもつくばで自分だけのホッとスポットを見つけてみてね。落合さん、ありがとうフク!

活動概要

Twitter https://twitter.com/ochiaijun
Facebook https://www.facebook.com/ochiaijun298
公式ブログ https://www.ochiaijun.com/ブログ/
WEBサイト https://www.ochiaijun.com/