茨城県つくば市のシティプロモーションサイト


国立極地研究所×つくば市企画「フックン船長南極レポート」

国内初の試み!? 昨年2016年12月7日(水)より、『第58次南極地域観測隊』に参加するつくば市在住の隊員と、つくば市イメージキャラクター『フックン船長』による『南極レポート』がスタートし、5月末の段階で7報まで届きました!

つくば市からは毎年、各研究機関や学術機関等から多くの人材が派遣され、国内の自治体の中でも『南極地域観測隊員』が多い街となっており、この活動はつくばの地域資源となっています。 今後も、国立極地研究所及び各隊員が所属する気象庁・国土地理院・農研機構農業環境変動研究センター等の協力を仰ぎ、こうした活動のさらなる周知に向けた情報発信を展開していきます!

第1報

12月5日 曇 気温8.7度 風:西南西7メートル(9時)

image001.jpg
12月2日にオーストラリアのフリーマントルから出航して、いよいよ南極に向かうフク。船生活は初めてなので船酔いが心配だけど頑張るフク(`◎V◎´) ୨
南極到着までにも色々な観測が予定されていて、早速海洋観測が始まったフクよ。
image002.jpg
観測装置を海中に沈めて水温や塩分を測ったり、海中のプランクトンを採取したりしているフク!

<こぼれ話>
旅の途中でボクの左目が外れてしまうというアクシデントが!
うーん、まだ旅は始まったばかり、『フック船長』のように眼帯を用意することに……なりそうだったけれど、隊員さんが接着剤の募集を南極観測船『しらせ』船内でかけたところ多数の方から申し出があり、無事に治療できたフク~。
しらせの皆さん、ありがとうフク~!

第2報

12月10日 曇 気温1.5度 風:東南東4メートル(9時)

image003.jpg image004.jpg
12月10日 氷山発見フク!

『しらせ』は南緯60度以南まできたフク。
気温・水温とも0度前後でかなり寒くなってきたフク。あたりを見回すと、氷山や海氷が見え始めたフク。昭和基地到着まではまだ少しかかるけど、南極に近づいている感じがするフク。

第3報

12月27日 快晴 気温-1.5度 風:北西1.4メートル(9時)

image005.jpg
12月25日 22時前の太陽フク!
image006.jpg
12月27日 昭和基地・一九広場前フク~♪

日本を出発して約1か月、ついに昭和基地にやってきたフク。
真っ白な場所だと思ったら、58次隊を迎えるために57次隊が頑張って除雪してくれていて、土がむき出しになっているフク。
昭和基地に来た記念に、19次隊が整えた基地主要部の広場(通称、一九(イチキュウ)広場)にある看板前で写真を撮ったフク。
南半球は12月が夏だけど、南緯69度付近にある昭和基地は夏の間、日が沈まないから夜になっても明るいフク。

第4報

2017年1月1日 霧 気温-4.0度 風:北西0.7メートル(9時)

image007.jpg
2017年1月1日 しらせのおせちフク!

南極観測隊に参加されている4名のつくば市民の隊員の皆様、あけましておめでとうございますフク。
南極で酉年の2017年を迎えることができてとっても嬉しいフク。
こちらは今、太陽が沈まない白夜の時期だから、“最初の夜明け”はもう少し先になりそうフク。

第58次南極地域観測隊を乗せてきた「しらせ」は12月28日に昭和基地に接岸したので、一旦しらせに戻って年末年始を過ごしたフク。 明日からはまた夏の間にしかできない設営作業が始まるフクよ。

第5報

南極観測隊に参加されているつくば市民の隊員の皆様から届いたフク。この数か月は南極の長い冬に向けた準備で大忙し、夏隊の皆さんは4か月のミッションを終えて3月23日に無事帰国されたフク!

第6報

4月30日 雪 気温-8.1度 風:東北東9.0メートル(9時)

image008.jpg
昭和基地にいるフックン船長から便りがきました!
5月から太陽がのぼらない(!)のですね。いつまた陽が上るのでしょうか、想像できませんね。

越冬中は隊員みんなが何かの係に入って色んな催しをやってるフク。
日曜日の今日は喫茶係の隊員が挽きたてコーヒーを入れたり、おいしいケーキを焼いたりしてほっと一息ついてるフク。
明日から5月、そろそろ太陽が昇らない時期になるフク。

第7報

05月07日 ふぶき 気温-3.0度 風:北東26.7メートル(14時)

つくばファンクラブさんの投稿 2017年5月20日

動画レポートが届きました。
風速が20メートル以上、ブリザードということで初夏の日本とは正反対の天候ですね……。フックン船長大丈夫でしょうか? でも基地内はとても快適だと聞いております。南極地域観測活動の賜物ですね。

今日の昭和基地は朝からブリザードになっているフク。ブリザードになると強風で雪が飛ばされて見通しが利かなくなって、外に出るのがとっても危険なので、外出が制限されるフク。
今日は「外出禁止令」が発令されて、建物からの外出がすべて禁止されているフク。

これからもフックンを通じて南極の様子をどんどんお届けするフクよ~!
☆現在のしらせの位置は、国立極地研究所WEBサイト内『進め!しらせ』で確認してみてね。
☆『第58次南極地域観測隊』のトピックスは国立極地研究所さんのWEBサイト内にも掲載されているので良かったら見てね。東京都立川市にある『南極・北極科学館』も見応え抜群フク~。これを機に訪れてみてはいかがフク!?

おまけ

つくバックおかえりなさい、南極地域観測隊!
3月23日、第57次南極地域観測隊越冬隊及び第58次南極地域観測隊夏隊が羽田空港に帰国しました。第57次越冬隊は2015年12月4日に出発し、約1年4か月のミッションを終えて松元 誠さん(気象庁)、武田 正憲さん(東北大学大学院)が、第58次夏隊は昨年11月27日に出発し、約4か月のミッションを終えて四野宮 良周さん(国土地理院)、林 健太郎さん(農研機構)が無事つくばに戻ってきました!
帰国された皆さんからつくばファンクラブへコメントをいただきましたのでご紹介します。

<58次夏隊>

image009.jpg
林健太郎さん(農研機構)一般研究観測
大変貴重な体験でした。南極はどういう場所であるかということ皆さんに知っていただきたい。
世界は広い。そしてこんなにも面白い。
もし、お伝えする機会があればお伝えしたい。
image010.jpg
四野宮良周さん(国土地理院)測地
夢のような時間でした。皆様が温かく送り出していただいたおかげで、無事にミッションを終えることができました。ありがとうございました。

<57次越冬隊 >

image011.jpg
松元誠さん(気象庁)気象
まず、みんなが五体満足で帰ってくることができことが一番の喜び。そして、私の第一のミッションである良質の気象観測データを取ることができてホッとしている。
皆様の温かい応援があったから越冬観測を乗り切ることができました。本当にありがとうございます。

松元さんは5名体制の気象隊員のチーフとして活躍しました。また、持ち前の明るさからムードメーカーでもありました。

image012.jpg
武田正憲(東北大学大学院)一般研究観測
思っていた以上に短かった。もう一度南極に行ってみたい。ミッションは完了したものの、今、思うともっとやってみたかった部分もある。だから、次はやり残したことに挑戦しに行きたい。
応援ありがとうございました。私の行った観測データが地球の環境問題を解決するためのひとつの資料となって利活用されることを期待しています。

武田さんは、大気の観測を行いました。文明のない南極で大気を観測することは地球全体の大気の影響を知ることができます。真面目でコツコツと貯めた観測データはきっと地球の将来の役に立つことでしょう!

【H29 科学技術週間〜フォトレポート!】 つくば市内の研究機関等では今週末まで一般公開が行われています。本日は、フックン船長を昭和基地に連れていっていただいた第58次南極地域観測隊に参加された農研機構 林健太郎さんの講演取材を兼ねて、つく...

つくばファンクラブさんの投稿 2017年5月20日